ハリウッド映画とその特徴

ハリウッド映画の歴史

映画の発祥はフランスにおいてシネマトグラフが発明され、それがイタリアにも伝わり映画産業が発達して行ったとされています。その後アメリカに伝わり1900年ごろにはニューヨークやシカゴが映画産業の中心となりました。1908年に映画関係者らが映画特許会社を設立した為にこれに参加しない企業には高額な特許料が請求されるようになりました。

映画製作者達は映画撮影でほぼ天候に左右されないL.A.の土地にアメリカ東部から場所を移して活動を始めるようになりました。アメリカは移民の国とされ当時ロシアや東欧から多くの移民が入って来ていました。特にロシアではユダヤ人迫害も行われていてその関係もあってユダヤ人は当時200万人入っていたとされ、これらの人々が映画産業に携わるようになったとされています。

パラマウント社や20世紀FOX社、ユニバーサル映画はハンガリー系のユダヤ人、ワーナーブラザーズはポーランド系のユダヤ人、MGMの名前も3人のユダヤ人の名前から取っているとされています。

1927年からアカデミー賞の授与が始まりそのトロフィーもMGMの美術監督にデザインを依頼したとされています。その後欧州などからハリウッドに渡った映画監督も数多く知られています。

そして監督から俳優に至るまでユダヤ系の人が多く見られます。映画の歴史はサイレント映画に始まり、SFものや西部劇、喜劇、スペクタクルもの、戦争映画、ミュージカルなどと共に歩んで来ました。その後テレビの普及でハリウッド映画の製作本数も減り、テレビ番組の場へと鞍替えすることになります。

ハリウッド映画の名作『風と共に去りぬ』

ハリウッド映画の名作と言えば、マーガレット・ミッチェル原作の『風と共に去りぬ』。1939年製作、ヴィクター・フレミング監督作品です。主演は... 続きを読む⇒